スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
セミたちの夏
2015 / 07 / 29 ( Wed )

『セミたちの夏』
    写真と文  筒井 学
ジイ・・・ジリジリジリジリ
  ミーンミンミンミンミー
ー日本の夏は、いつもセミたちと ともにめぐってきます
 いなかでも 都会でも
 その声は ひびきわたりますー
「精いっぱい鳴いて、飛びまわって、卵をたくさん産んで
一生懸命生きたセミたちのいのちは、夏の終わりとともに
つきてしまいます。
成虫が生きていられるのは、たった2週間ほどしかありません。」  
                       本文から
木の枝の中に産み付けた卵は、次の夏が近づく頃、2ミリほどの
真っ白な幼虫になって誕生します。(1齢)
そして、地面に落ち土の中にもぐり、成長します。
その期間は、なんと6年。
6年の時を経て、地上に出てくるのです。
そしてふ化します。
私たちが、よく目にする木にとまって鳴いているセミです。
今年鳴いているセミは、6年前に卵からかえって、天敵に襲われる
こともなく生き残ったセミなのです。
だからこそ、大きな声で、ここにいるよと!鳴いているのでしょうか。
また、透き通るようなふ化をしたばかりのセミの姿もみてみたい
と思いました。
アブラゼミの一生を紹介したすばらしい写真絵本です。

DCIM0544.jpg DCIM0548.jpg 

スポンサーサイト
11 : 52 : 27 | おすすめえほん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
臨時休業のお知らせ
2015 / 07 / 25 ( Sat )
 臨時休業のお知らせ

7月26日(日)

臨時休業します。

誠に申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


らっぷらんどHOHOHOO
15 : 52 : 27 | インフォメーション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なつのいちにち
2015 / 07 / 23 ( Thu )
7月23日 二十四節気  大暑

なつのいちにち       
           はたこうしろう

“目で音が聴けたら”
この本には、少ししか文章がありません。あっという間に
読めてしまいます。でも、絵と物語をゆっくり追うことで

それぞれの人が知っている「夏の音」「夏の匂い」「夏の空気」
を感じてもらえたらと思います。
             はたこうしろう
あついあついなつのひ、少年がひとり、でっかいクワガタムシ
をとりに、全速力ではしります。
ページをひらくと、いろんな夏が飛び出してきます。
なつの音をが聞こえます。

DCIM0562.jpg


DCIM0563.jpg
14 : 03 : 47 | おすすめえほん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あやつ何者?
2015 / 07 / 16 ( Thu )
本の棚を、掃除しながら、ちょっと模様替え。
カウンターに座って前をみたら、いっぱいの目が
こっちむいてた(*_*)(*_*)
大きな目とは、パチンと目が合ってしまった(・・;)
あやつ何者?

DCIM0542.jpg


DCIM0541.jpg
15 : 54 : 12 | おすすめえほん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
子どもの頭はやわらかい
2015 / 07 / 07 ( Tue )
7月4日のことですが、
お店で人気の 『キャッスルラビリンス』  レールと積み木でビー玉が
ころげる道をつくる木のおもちゃです。

どんどん積み木をつみあげていきます。
「穴はつながってるんやろか・・・??大丈夫かな??」と見ていると
ビー玉は、見事にストーンと下からでてきました。

「お~お見事!!」と思わず、拍手してしまいました。
子どもの発想はほんとうにすごい(*^_^*)

DCIM0497.jpg

DCIM0496.jpg

DCIM0498.jpg
11 : 51 : 31 | 木のおもちゃ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。