スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
感謝です
2014 / 01 / 27 ( Mon )
今年初めての日曜日の営業日でした。

寒い中、子ども連れで来てくださいましたお客様、

本当にありがとうございます。

臨時休業の多い中、「この間も閉まってた」という声に

足を運んでくださったのに閉まっていた時の気持ちを考えますと

本当に申し訳なく思っております。

できるかぎり、ブログにてお知らせいたしますが、ご来店の際は

お電話でご確認いただけますと、嬉しいです。

らっぷらんどHOHOHOO 072-891-3686
スポンサーサイト
02 : 13 : 30 | 思うこと・・・ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
臨時休業のお知らせ
2014 / 01 / 25 ( Sat )
1月25日土曜日

臨時休業しております。

誠に申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

              らっぷらんど HOHOHOO
00 : 28 : 57 | インフォメーション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1000の風 1000のチェロ
2014 / 01 / 16 ( Thu )
350_435120-9.gif

1000の風 1000のチェロ
   いせひでこ・作

    
     ひとりひとりの物語がちがっても
きもちを重ね合わせれば 歌はひとつになって 風にのる
      そして きっとだれかにとどく



チェロの教室に通う少年は、神戸から来たひとりの少女と出会います。
チェロを通して話をするようになっていきます。そんなある日、チェロを抱えた
集団に出会います。
それは、阪神大震災復興支援コンサートに集まったチェロ奏者の人たちでした。
少年と少女もコンサートの参加を申し込みます。そしてコンサートに向けて練習を
始めます。
そこで知り合った、震災で亡くなった仲間のチェロを弾いているおじいさんとの交流
おじさんの目に記憶している震災の風景。おじいさんとの練習。

 そんなにひとりでがんばって、おとをだそうとしなくてもいいんだよ。
おじいさんは、しずかにわらってよこにすわってくれた。
 みんなのおとをきいて、きもちがひとつになるように、かんじながらひくんだ。



淡いパステル調の伊勢さんの絵は美しく透きとおるような風色で、心に響く音色で
描かれている絵本です。


忘れられない風景がある。
青いビニールシートとテントでいっぱいの雨の公園
ひとりのゆうびんやさんが ずぶぬれになって歩いていた
家がなくなったひとたちのひとりひとりをさがしていた

1995年3月 大震災から二か月後の神戸
建物も道路も生活もこわれ 犬もネコもいないときを
パズルをつなぎあわせるように私は歩いた
風景は断片になって 描かれることを拒否したようだった
はじめてスケッチ帖を白紙のままで帰った旅だった

忘れてはいけない風景は 描けないのではなくて
描いてはいけないのかもしれない
描くことで安心してしまうから
目と手が記憶してしまったあと
どこかにしまい忘れることもあるから

            いせひでこ あとがきより




この絵本は1995年の阪神淡路大震災から3年経った1998年に
復興支援のために開かれた『1000人のチェロコンサート』 をっ題材に
描かれたものです。

1998年11月29日に神戸市で開かれたときは、1014人のプロ・
アマチュアのチェロ奏者の方が集まりました。
第5回 『1000人のチェロコンサート』 は2015年5月仙台での開催が
予定されています。

13 : 02 : 06 | おすすめえほん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気持ち良い・青空!!
2014 / 01 / 15 ( Wed )

気持ちいよい青空になってきました(*^_^*)

2014011511110001.jpg

1月11日土曜日は、臨時休業してしまい申し訳ありませんでした。
12日もお休みでしたので、連休になり、本当に本当にごめんなさい。

今日は、青空のもと元気にオープンしております。
よろしくお願いいたします。

                    らっぷらんど HOHOHOO
11 : 28 : 41 | hohohoo | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ほっほ通信 1・2月の巻
2014 / 01 / 08 ( Wed )
  2014年 ほっほ通信 1・2月の巻 

2014010821260000.jpg

      『絵本のチカラ』

一年前のこのページで、絵本の良さを伝えたいという思いを綴りました。
さて、一年でどれぐらい「絵本のチカラ」を伝えられたでしょうか・・・
「絵本のチカラ」っ何でしょう。また絵本には「チカラ」があるのでしょうか。
絵本・本を読むことで知らない世界に旅にいけます。実際に触れることのでき
ない物や、目にすることのできないことを、知り遊ぶことができます。
共感したり、共有したりすることができます。
絵本は、空想や創造の世界をイメージする力を豊かにすると思います。
よく「主食の絵本」と「おやつの絵本」という分類で絵本が紹介されていること
があります。お客様も「0歳ぐらいに良い絵本はどれですか?」と声をかけられ
ます。小さい時だからこそ「良い本」という思いが強いのを感じます。
お店ではあまり決めつけないで、子どもの好きな本、親が読んであげたいと思う
本を選んでもらうようにしています。
まずは絵本をてにとって、すきになってほしいと思います。
「主食の本」と「おやつの本」どちらもバランスよく手に取り、読んでいくうち
に、自分にとっての「良い本」をみつけることができると思います。

らっぷらんどHOHOHOOの小さな空間の中で、お客様が絵本と心地よく出会える場
を作っていけたらと思います。
今年もよろしくお願いいたします。
 
                          peppy

22 : 57 : 49 | hohohoo | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。