スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2月27日(水)の営業時間
2013 / 02 / 25 ( Mon )

2月27日(水)の営業は

午前11時~午後2時までとさせていただきます。


ご迷惑おかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。




春の足音が聞こえそうですが、まだまだ寒い日が続いています。

お身体に気を付けながら、”春”を待ちましょう~(*^_^*)
スポンサーサイト
20 : 46 : 10 | インフォメーション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ナンセンス・ユーモア絵本
2013 / 02 / 21 ( Thu )
たまらん!!わらいのツボにはまってしまった(*^_^*)

そんな絵本をご紹介

Ehon_81869.jpg

ちくわのわーさん  岡田よしたか 作

口笛吹いてルンルン歩いてる”ちくわのわーさん”休んでいたら、
トンネルに間違われたり、こいのぼりになりたくなったり、巻き寿司
と入れ替わってもらったりと楽しい道中、、。
寄り道ばかりしているけれど、本当は行かないといけないところが、、。


さてそれは、、ナイショです(^_^;)
腰がぬけるほど笑いたくなる最後の場面はぜひ、絵本をひろげてみてください。

Ehon_87051.jpg

うどんのうーやん  岡田 よしたか 作

うどんやに出前の注文、うどん鉢は自ら出前先にでかけます。
途中で、いろんなものに出合います。
ふにゃふにゃのきぬこしどうふは、もめん豆腐にいじめられて泣いています。
「なきな、なきな、ここはいり」と次から次に出合う色々な物をのせて、山
越え川越え出前先へと走ります。


こんなうどんが届いたら、どうするやろ・・・
笑いのツボにはまってしまいました。


お店でも、入荷してすぐになくなってしまいました。
どうもお父さんが気に入っているらしい、、、。(^_^)
「図書館でみたけど、これめっちゃおもしろいで、」ってお母さんに話してる。
次回入荷は、3月頃です。
15 : 21 : 49 | おすすめえほん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2月21日のオープン時間
2013 / 02 / 20 ( Wed )
 
2月21日木曜日

11時30分より営業します。



通常より30分遅くなりますが、よろしくお願いいたします。


らっぷらんど HOHOHOO
15 : 18 : 02 | インフォメーション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
絵本のこと
2013 / 02 / 20 ( Wed )
朝方は、良い天気でしたが、だんだん曇ってきました。
しかし、冷たいです。(~_~;)


昨年から、機会がある時に『絵本講座』『絵本のおはなし』など、
絵本講師の方のお話しを聞くことが何度かありました。
まだまだ知らない絵本も多く、また納得すること、びっくりすること
が多くあり、大変勉強になっています。

そんな中で、ひとつ気付いたことが、ありました。
講座の中で必ずと言うほど出てくる『主食の絵本とおやつの絵本』
簡単にいってしまうと、良いとされる絵本と・それ以外の絵本です。
主食もおやつもバランスよく読みましょう・・・という話です。
主食の絵本は、こんな絵本です。おやつはこんな絵本です。と例をだし
て話してくださいます。
この話になると、なんだかいつも”もやもや”してしまう自分に気付き
ました。

どうして”もやもや”するのか、はっきりした答えはないですが、、。
その時々で、おやつの絵本が、主食になる時もあるのではと思っているか
らかもしれません。
読み聞かせなど、多くの方を対象にしている場合、絵本を選ぶときには
大事な要素だとは思います。

自分自身に、家庭で子どもにと考えているときは、そのときの”こころ”
に寄り添うものが『主食の絵本』と思えるのです。

小さな子どもを膝に乗せて一生懸命聞いておられる姿をみていると、、
「あまりこだわらないで、、いいよ」と叫んでいる私がいます。


質問時間には必ず「どんな絵本を選んだらよいですか?」というのが、
あります。
講師の方は、ロングセラーの絵本・良い絵本を紹介されます。
それは、一つのアドバイスです。
「それでなければいけない」ということはないと思います。

いろいろ考えると難しいですね。

まずは、読んであげたい人のことを思い、”今”はこの本がいいと思った
絵本を選んで見ましょう。
子どももそれぞれ、興味も感性も違います。
小さな時は、読んでもらう時間の方が大切と思います。

一番は
おとなもこどもも
いっぱい絵本にふれてほしい!!
いっぱいの言葉を知ってほしい!!
綺麗!!美味しい!!すごい!!てこころ豊かになってほしい。


言葉をいっぱい知ると、言いたいことをきちんと伝えられる。
言葉をいっぱい知ると、気持ちを細かく伝えられる。
言葉をいっぱい知ると、こころの世界が広がる。

たくさんの絵本・詩・本を読んでみましょう~(^O^)/
15 : 13 : 21 | 絵本屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
孫のお気に入り絵本
2013 / 02 / 14 ( Thu )
先月3歳になった孫のお気に入りえほんです。

131880-1.gif

     おじさんのかさ
       佐野洋子 作

大切な傘をぬらしたくない、おじさん。
ある雨の日『ポンポロロン・ピッチャンチャン』と楽しく歌う子どもたちに
つられて、とうとう傘を広げます。


孫になに読む?って聞いたら、目を閉じて上を向き、両手で胸になにかを持っている
しぐさをしました。わたしは、すぐに「佐野洋子さんの”おじさんのかさ”」を
思い出しました。それくらい、孫がした表情がそっくりだったからです(^_^;)
一度読んだだけでも、こんなに覚えていることに、びっくり。
あと『ピッチャンチャン』という言葉がおもしろいようです。


Ehon_610.jpg

   じごくのそうべい

      田島 征彦  作


かるわざしの”そうべい”が、綱渡りの綱から落ちてしまって三途の川を渡り
閻魔大王に会う、ちょっとこわいけれど、落ちもあって、楽しいお話です。


孫が、この本を持ってきたときは、寝る前の絵本としてでした。
一瞬怖くなって寝れなくなったらどうしょう・・・とも思ったのですが、。
とざいーとーざい、かるわざしのそうべいは・・・と読みだすと、
面白い言葉は繰り返し、途中途中で、「このおばあさんはなにしてるの?」
「なんでいろんな鬼がいるの?」と何々???攻撃にあいました(-_-;)
続けて何度も読みました。
次の日、洗濯用の物干し竿を下におろしてほしいというので、地面におくと
両手を広げて、「とざいとーざー、かるわざしのそうべいは・・・」と竿の上を
歩きだしました。



小さな子どもは、すごいと感心したできごとでした。
いろんな体験いっぱいして、どんどん吸収できるときですね。
大人は、良き伴走者でいたいものです。
14 : 23 : 40 | おしゃべり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。