スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ほっほ通信 3・4月の巻
2012 / 02 / 29 ( Wed )
4年に一度の2月29日という日
何か想い出になることしようと思っていたのですが、、、
いつもと変わらない日になったような^_^;
手帳に「いつもと同じ」と書き込みました。よかったよかった。

ほっほ通信 3・4月の巻できました。

2012022921410000.jpg

表紙は

春の訪れとともに 蘇える幼い日
ふりそそぐ春の日差しは あたたかい

白つめ草と、お花畑であそぶ二人の少女のかわいい絵です。


今月はワークショップもあります。
4月は、プリザーブドフラワーのワークショップがあります。
母の日の贈り物を自分で作ってみるのもいいですね。

皆様のご来店おまちしております。m(__)m

スポンサーサイト
23 : 09 : 10 | hohohoo | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
秘密のお茶会
2012 / 02 / 26 ( Sun )
先日本屋の帰りに少し時間があったので、少し足を延ばして”ならまち”をぶらぶら、
いつものコースで歩いていると雲行きが怪しくなり、あっという間に、雪が舞ってきま
した。時間的にはまだ明るいはずなのですが、あたりも薄暗くなってきて、、駐車場
への道を急ぐことにしました。いつもの見慣れた道ですが、、ちょっと違う・・なんだ・・
と思ったら、新しい店ができていて大きく広いガラス窓からオレンジの灯りが暖かく
「おはいりなさい~」と言っているようでした。

注文した、ケーキセットです。
2012021916380000.jpg

   
 生クリームの上に描かれている鹿がなんとも可愛い~(*^_^*)

ガラス越しの吹き抜けの中庭があって、1本の木に舞う雪を見ながらの心地よい
時間でした。
ふっと浮かんだ絵本がありました。


もりのおくのおちゃかいへ
 みやこしあきこ 作

キッコちゃんは、おばあちゃんのところへ、ケーキを届けに行くのですが、
雪の積もる森の中で、迷い込んでしまいました。
「あなたもおちゃかいにきたのね。」とひつじのこに声をかけられ、家の中に。
そこにはたくさんの動物たちがお茶会をしていました。
お茶会の後キッコちゃんは、動物たちにおばあちゃんの家まで送ってもらい
ました。家について振り返るとそこにはもう、羊も鹿も誰もいませんでした。
キッコちゃんは、秘密のお茶会をしたみんなに”ありがとう”と心の中で言い
ました。


私も、秘密のお茶会に迷い込んだような気持ちになりました(^_^.)

13 : 50 : 17 | おすすめえほん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もうすぐ春だよ
2012 / 02 / 25 ( Sat )
朝から、しとしと雨模様、、、
一雨ごとに春に向っているようです。

2012022514400000.jpg

      はるのやまは ザワザワ  

       作・絵  村上 康成

春になって目をさました、こぐまのグルル。おかあさんとおいしい
はちみつをさがしに野山にでかけます。
さあ、、、耳を澄ましてごらん、聞こえてくるよ、、。


暖かくなった野山では、つくしがツンツンのびてきて、たんぽぽが
パッパッと咲きだし、みつばちがブンブンみつあつめ。
耳を澄ますと春の山はいのちの音であふれています。
冬枯れのさみしい山の場面から始まるのですが、最後の項では、山が
楽しく、うれしく、歌っている暖かい春の山になります。
見ているだけでも、ザワザワします。
気候が良い日には、ザワザワを感じに出かけてみましょう!!
15 : 07 : 21 | おすすめえほん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
水仙月の四日
2012 / 02 / 18 ( Sat )
Ehon_70987.jpg

宮沢 賢治 作   伊勢 英子 絵

ひとりの子どもが、山の家への道をいそいでいました。
でも、この辺りでは「水仙月の四日」
おそろしい雪婆(ゆきば)んごが、雪童子(ゆきわらす)雪狼(ゆきおいの)を
かけまわらせて、猛吹雪をおこさせる日。
神秘的な雪の精霊たちと、吹雪に巻き込まれた子どもの物語。
                         (出版社より)


宮沢賢治の名作「水仙月の四日」の絵本です。
想像力豊かなステキナ言葉がたくさん出てきます。

夜空に輝く無数の星
天から舞い降りる雪の結晶
雪童子たちが駆け回る冬の空
子どもがかぶる赤い毛布
伊勢英子の独特な絵が、宮沢賢治の言葉でより幻想的な世界に描かれて
います。
大変美しい絵本です。

水仙月とは創作で暦ではないようです。
私がこの絵本を知ったときは、「2月」と思っていました。
宮沢賢治が住む東北地方では4月ぐらいまで、水仙が咲くことや、春の暖かい
雪という場面も見え隠れしていることから、4月頃をさすのではないかと言わ
れています。(一方では12月という説もありますが、、)


 
15 : 05 : 09 | おすすめえほん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あかちゃん絵本
2012 / 02 / 15 ( Wed )
ころころまるちゃん どこ
ころころまるちゃん みつけ


2012021513410000.jpg

さく・え La ZOO

らっぷらんどで人気№2の赤ちゃん絵本です。
(№1は、『どうぶつ絵本 はじめまして』)

カラフルな色で描かれた絵の中には小さな穴があいていてまるちゃんが
かくれんぼしています。
車のタイヤになったり、あめのしずくになったり、、
雪だるまのぼたんだっだり、ちょうちょうのもようだったり、
見つける楽しさが、あかちゃんの心をくすぐります(*^_^*)
14 : 21 : 33 | おすすめえほん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。