スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
大寒の日の絵本
2012 / 01 / 21 ( Sat )
1月も早20日を過ぎ、街並みや商店はお正月から、節分・バレンタインデー
と装いをかえています。
重い空から降り続いている雨は、冷たそうです。
今日は、二十四節気・大寒です。北の方では最低気温マイナス30度とか・・
”冷たい”と表現できるようなものではないのでしょう。


大寒のころ「野施行」という行事があるようです。
寒い冬、餌を取りにいけない、たねきやきつねたちに、食べ物を施す(供える)
行事です。
(ずいぶん昔、京都伏見稲荷神社で、話を聞いたことがありますが、、、。)


絵本の世界で語られていますので、紹介します。

ehon11698.jpg

  こんこんさまに
   さしあげそうろう

  森 はな 作
  梶山 俊夫 絵


    穴のそとは雪の原、寒さと飢えにふるえる子ギツネを
    残し、母ギツネは食べ物を探しに外へ出ました。
    その時、「チーン・ドンドン」お稲荷さんの森から音が
    聞こえてきました。
    それは、動物達に食べ物をふるまう合図です。
                     (出版社 より)




 餌のない寒い時季に、村人達は、食べ物をもって、道ばたや、穴の近くに
 置いたのです。

 動物達と一緒に暮らしていくうえでの、優しさと知恵でしょうか。
 梶山さんの描く、ほのぼのとした絵がやさしく語りかけています。

スポンサーサイト
15 : 44 : 23 | おすすめえほん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
つめたい雨です
2012 / 01 / 19 ( Thu )
久しぶりの雨の日となりました。
冷たく寒い雨ですね。でも恵みの雨でもあるようです。

この時季に紹介したい絵本の中から一冊

『ふゆめがっしょうだん』
  冨成 忠夫・茂木 透 写真
  長 新太 文


みんなは みんなは きのめだよ 

はるになれば はがでて はながさく

パッパッパッパ・・・

たのしい言葉で、いろんな木の「冬芽」の写真が笑っている絵本です。
冬芽も今日の雨は、喜んでいるかな~
みんなも、雨が上がったら、近くの木々に近づいて、探してみましょう。


コアラやうさぎ、いろんな冬芽の顔に出会えますよ。

2012011913010000.jpg
  
      おおかめのき の冬芽


顔に見えるのは、落葉した葉の枝が付いていた跡です。
その中に見える、口や目のようなもようは、葉に養分を送っていた管の断面です。
この顔の上にある、円形や円錐形をした部分、これが冬芽で、これから、葉や花に
なるものが中に小さくたたまれていて、春をまっています。

               あとがきより
13 : 37 : 28 | おすすめえほん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
龍の絵本
2012 / 01 / 18 ( Wed )
2012011214200000.jpg

入江 祥智 文
田島 征三 絵

からだの長さは、山を二巻するぐらいあり、雲を呼び風を起こし
天をかけることもできるというのに、龍の子三太郎は、本当に
気が弱くって、いつも沼の底でじっとどぐろを巻いて、息を殺し
ておるのだった。

気の弱い三太郎は、村人にみつからないよう、息を潜めてじっと
しているのですがある時、我慢ならず沼の外に大きく飛び上がった
沼のまん中から竜巻が起こり、雲を呼んで駆ける三太郎の下では
田畑一面に大雨を降らせた。
村人達は驚くどころか、日照りで困っていたので大喜び。その後
「龍神様」として丁寧にまつられる事になったのですが、相変わら
ず、沼の底で息を潜めて暮らしています。でもちょっと嬉しい龍。
田島氏のダイナミックな絵が、グイグイ飛び出してきて、楽しい絵
本です。



龍・竜・辰・・・今年頂いた年賀状はさまざま
でもどれも、強い顔ではなく、なんだかおっとりしているように
見えました(^_^)
私の中での”龍”のイメージは、以前放送されていた「日本昔話」の
”龍の子太郎”の強くて優しい龍ですね。

先日、滋賀県日野町に出かけた折、信楽院・蒲生家の菩提寺に行きま
した。本堂には画家・高田敬輔が描いた『雲竜』の天井画がありました。

ひっそりとした本堂の天井で勇ましく駆けている躍動感のある画でした。
大きく開いた目とにらめっこしていたら、包み込まれるような感じで、
気がぬけてしまい、笑ってしまい、にらめっこは負けました(^_^;)
今年初めて出かけた先で、偶然にも”龍”を目にすることができて、幸
せな年になりそうで、、ちょっと嬉しかったです(*^_^*)
15 : 05 : 22 | おすすめえほん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ほっほ通信 1月2月の巻
2012 / 01 / 12 ( Thu )
2012011210530000.jpg

遅くなりましたが、ほっほ通信ができました。

今回はPeppyとMerryの挨拶とひとりごとを紹介しますm(__)m


2012年 絵本のちから

『きらきら星がやってきた。パパもママもボクも笑ったよ』
昨年、大好きな絵本をみんななくしてしまった幼稚園児が、全国から
届けられた絵本のお礼として書いた手紙の一部です。
新聞や雑誌で絵本が取りあげららることが、ここ数年多くなりました。
昨年は「絵本があってよかった」という声をたくさん聞きました。
嬉しい言葉にたくさん出合えました。
「絵本」が近くにある幸せ、「絵本」がつなぐ親と子・人と人の絆は
あると確信しました。
”絵本のちから”を信じてこれからもゆっくりと歩みたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
                        Peppy



迎春

いつものお正月を迎えながらもいつもとはちがう気持ちで今年のお正月
を迎えた人も多いかと思います。一つ一つに感謝の気持ちだったり、大
切にしたい物、事をあらためて感じながらいつもと同じ新年の準備をし
新しい年を迎えました。おだやかな一年となりますうに、、、、。
さてさて、去年から断捨離が流行っていますが、今年は物質的にも、頭
の中にもずっとためこんできたものを整理し、スッキリ、シンプルに、
なっていけたらいいなあと思っています。
                        Merryのひとりごと


ワークショップ・絵本と音の会など、皆様とのつながりを大切にできる
イベントも考えながら、楽しいお店つくりにがんばります~♪♪♪
13 : 43 : 33 | hohohoo | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2012年 辰年
2012 / 01 / 02 ( Mon )
2012010123360000.jpg


   新しき 年の始の 初春の

           今日降る雪の いや重け吉事



                              万葉集 4516 大伴家持


    本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
09 : 42 : 10 | 暮らし・・・ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。