スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
雛の月
2011 / 02 / 26 ( Sat )
あったかな陽ざし、来られるお客様の装いもさまざま、、、
春らしい薄い桃色のワンピースの女性、コートを手に持っている男性、、。
来週はまた、気温が下がるとか、、まだまだ油断してはいけません(^_^;)

お店のカウンターの絵本を春のものに代えると、やっぱり淡い桃色や緑になる。
それが春なのでしょうか~(*^_^*)

2011022616370001.jpg


☆3月より水曜日の営業を再開します。どうぞよろしくお願いいたします。
 営業日 水曜日~土曜日 第2・第4日曜日
     11時~17時
スポンサーサイト
17 : 03 : 18 | hohohoo | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春のひかり
2011 / 02 / 23 ( Wed )
暖かい日が続いています。
陽のあたる所は上着もいらないくらいですが、ちょっと建物の影に入ると
寒い~と思わず口から出てしまう(^_^;)
最近歩くように心がけているので、、、昼間はほんのり汗ばむ感じでした。

冬枯れの山の地面も、やわらかな葉っぱが春のひかりを浴びて、ぐんぐん
顔を出してきています。

IMG_0703_convert_20110223090123.jpg


やっと顔を出した葉っぱは、やわらかく愛おしい小さな花をつけている。
今は、微笑んで優しい気持ちで見ているが、夏ごろにはため息をつくほど
早く伸び、私を困らすのですが~(-_-;)

踏まれても踏まれても丈夫な雑草のこと知りたいので、今年は『雑草のくらし』
という絵本をもってじっくりはいつくばって、にらめっこしようと思っています。



私の周りでは、インフルエンザ・肺炎・胃腸炎と体調を崩した人がいっぱいです。
春と冬が行ったり来たりのこの時期、油断は禁物です。
充分気をつけて過ごしてください。

明日は、営業日です。よろしくお願いいたします。
09 : 03 : 32 | 暮らし・・・ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
聖バレンタインデー
2011 / 02 / 12 ( Sat )
2011020815450000.jpg


イザベルと天使
    ティエリ・マニエ 作  
    ゲオルグ・ハレンスレーベン 絵
  
   美術館の絵の中の”天使”に恋をしたぶた君のかわいらしいところが
   微笑ましい。こんなに想われたら、、、。

はくちょう    内田 麟太郎 作
    いせ ひでこ 絵
   
   一羽の傷ついたはくちょうと、同じ時を過ごした”小さな優しい池”は
   はくちょうに想いを寄せる。青が印象的な絵本は静けさの中で痛いほどの
   池の気持ちが切ない、、、。

しろいうさぎとくろいうさぎ  
    ガース・ウイリアムズ 作

ぼくのキュートナー
    荒井良二 作


チョコレートに添えてみてはいかがですか、ホワイトデーにもおすすめです~☆

16 : 33 : 50 | 絵本屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
五個荘 雛めぐり 
2011 / 02 / 10 ( Thu )
昨年出会った、街並みと素敵な雛人形に恋をして、会いに行って来ました。
滋賀県は東近江五個荘 『商家に伝わる雛人形めぐり』
平日ということもあって、ゆっくりじっくり観ることができました~(^_^)
遠くに雪の残った山を見ながら、時折り降る小雨と冷たく大きな風に肩を
すぼめながら、温かい出迎えの言葉に思わず顔はほころびますね~☆

東之湖氏の「清湖雛」も一段と存在が大きく、昨年より少し落ち着いた色合いに
感じました。
今年は中央に、白一色で創られた人形が宙を浮いているようで、神秘的で少し
怖いぐらいの存在感がなんとも言えない感覚でした。

IMG_0668_convert_20110210090843.jpg


このイベントは3月27日まで行なわれています。
私の住んでいる交野からですと、車で(第二京阪国道を使って京磁バイバス・名神)約1時間強
春の花に出会うのはもう少し先ですが、古の人形の表情に会うのもよいものですよ。
09 : 16 : 04 | 暮らし・・・ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
節分
2011 / 02 / 03 ( Thu )
季節の分かれ目”節分”
立春・立夏・立秋・立冬の前日のことをさします。
今では立春の前の日だけをさすようになりました。それが2月の節分です。
今では、大阪では、豆まきより、恵方まきの方が有名でしょうか・・(^_^;)

仕事から戻り玄関の扉をあけると、酢飯の匂い、ちょっとくさい鰯の臭いも。
台所では、母と妹が恵方巻を作っています。
暮らしの中での行事の時は、妹が大きな力を出してくれます。常に感謝です。m(__)m

2011020317570000.jpg<

妹が用意してくれたかわいい、おたふくのかまぼこは、お吸い物に入れます。
食事が終わったら、炒った豆をまきますよ~
そして、歳の数だけ豆を食べて一年の無事を祈ります。

以前は、我が家も玄関先に ”焼い嗅がし(やいかがし)”
ひいらぎに鰯の頭をさした魔よけをつるしたものですが、今では、しなくなりました。


『恵方巻びっくり番外編』
朝刊に入っていた節分の恵方巻のチラシ、、今年は豪華な具材が目に付く
一本1300円のもあります。どこのスーパーも何種類もの巻き寿司が載っている。
トロが入っているものや、海老カツが入っているもの、サーロイン巻、等等、、
恵方巻は、江戸時代の終わり大阪の商人が商売繁盛を願って始めたと言われていますが、
七福神にちなんだといわれる七つの具材は、進化しているようです(@_@;)
大阪周辺は、今日の晩御飯は、ほとんど同じなのかな~^^;









22 : 42 : 08 | 季節の行事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。