スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
レオ=レオニ 絵本
2010 / 01 / 20 ( Wed )
暦の上では大寒の今日は、ぽかぽか陽気の春の日になりましたね。
あまりのあたたかい日差しに、お店の本も少し模様替え・・・冬から、ちょっと早い
春の訪れを知らせる本へ、、。

今日の絵本屋は、レオ=レオニと谷川俊太郎さんの絵本の中から、冬の絵本と
春の絵本を2冊、ご紹介

ehon1188.jpg

フレデリック    ちょっとかわった のねずみの はなし

  レオ=レオニ 作・絵
  谷川俊太郎  訳

のねずみたちは冬にそなえ、昼も夜も働いています。でも、フレデリックはなにもしません。
「どうして働かないの?」 「寒くて暗い冬の日のために、お日さまの光や、色や、言葉を
集めてるんだ」 寒い冬、フレデリックの集めたものは、役に立つのでしょうか、、。


学生のころ読んだときは、「う~ん・・」
大人になって読んでみると、、ちょっとかわった詩人のようなフレデリックが好きだなあ~と
素直に思いました。
(この本は色んなとり方があると思いますが、) 大人の方におすすめの絵本です。

     「いろは?フレデリック」
     待ちきれなくなって、みんなはせがんだ。
     「もう一度 目をつむって」  
     そして フレデリックが あおいあさがおや
     きいろい むぎのなかの あかいけしや
     のいちごのみどりのはっぱのことを はなしだすと
     みんなは こころのなかに ぬりえでもしたように
     はきっりと いろんないろを みるのでした。    
(本文より)



 ひとあしひとあし   なんでも はかれる しゃくとりむしの はなし

2010012011390000.jpg

春らしいやわらかい色合いの絵と、詩のような文
最後はやさしく微笑んでしまいますよ~(^_^)



   
スポンサーサイト
12 : 34 : 59 | おすすめえほん | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
かいじゅうたちのいるところ
2010 / 01 / 13 ( Wed )
Ehon_537.jpg

 おかあさんにしかられて部屋に
 閉じ込められたマックスが、島へと
 冒険の旅に出る。そこで出会った
 かいじゅうたちと楽しい時間を過ごす
 でも、、お母さんが恋しくなってきた
 部屋に戻ると、そこには、、、、。



1963年の出版以来、世界中で愛され続けている、モーリス・センダックの絵本
想像力の宝庫 「かいじゅうたちのいるところ」 が、ファンタジー映画になりいよいよ
今週末からはじまります。

かいじゅうポスたー

予告編を観て思ったのは、リアルで、絵本と同じくちょっとシュール。
かいじゅうたちのやさしいまなざし、かわいいマックス、、、。
かいじゅうたちの、やわらかで、リズミカルな動きにびっくりし、マックスとキャロルの
幻想的な世界に引き込まれていきます。

大人になるとどうしても、ときめいたり・冒険をしたり・想像したりすることが、少なく
なります。相手のことを思いやったり、周りに目を向けることは、想像することでも
あります。想像力ってすごく大切なことだと思います。
子どもを始め、多くの大人の人に観てほしいですね。
不思議な島への冒険に、行ってみませんか~!!




~☆ちょっと話は変わりますが~☆
作家モーリス・センダックを好きな方はたくさんいると思いますが、、
出版されている多くの絵本の中で 「まどのそとのそのまたむこう」 という幻想的な
絵本があります。その絵本から名づけられた絵本美術館」が、福島県いわき市にあり
ます。 (いつか訪れてみたいところでもあります。)
数年前オープンされ、色んな雑誌でも紹介されています。今年の1月元日の新聞でも
取り上げられていました。
どこまでも続く空と海、、丘の上にある絵本美術館。
いつか、、いつかと思いながら、なかなかいけません(-_-;)

今年は思い切って行きたいものです~(*^_^*)





14 : 21 : 05 | 絵本屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
言葉を交わす
2010 / 01 / 09 ( Sat )
皆さんは、日常の暮らしの中で出会う色々な人と言葉を交わしますか・・?

店の扉が開くと、私は「こんにちは」と挨拶の言葉をかけます。
半数以上のお客様は、答えてくださいます。家族で見えても、一人一人に挨拶するように
心がけています。小さな子どもは、振り向いて「こんにちは」って返してくれる子と、恥ずかし
くって親の後ろに隠れてしまう子がいますが、帰りには、バイバイってしてくれます。

私は、日々の暮らしの中で立ち寄る色々なところで、一言でも言葉を交わすことをするように
しています。それは、挨拶であったり、感謝の気持ちだったりします。
例えば、スーパーのレジ、「ちょうどあります」とか「細かいのだけ出しますね」とか、、すると
必ず、レジの方は、一言二言なにか返してくれます。
パン屋さんのレジでも、「これ、美味しかったです」「今日は、パンが少ないですね」とか、、。
店から出るときには、「ありがとう」「さよなら」「お手数かけました」「ごめんなさい」
たまに、「???」って顔で、見られるときもありますが、、、それはしかだがありませんね^_^;

今はいろんなことが便利になり、言葉を発しなくても困らないのかもわかりませんが、、。
たった一言でも交わすと、会話となり嬉しいものです。
簡単なことですが、勇気がいることでもあるかもわかりませんね。でも大事なことだと思います。

私は、スーパーのレジで少し並んでいても、あるレジ係りの方がいるところに並びます。
その方の、かけてくださる言葉が、心地よくこころがあったかくなるからです。
その方との二言三言が楽しくって、ちょっとへこんだ時は買い物がなくても、行ってしまいます(^_^;)
今日私の後ろに、4・5歳の子ども連れの方が並んでいたのですが、レジが終わって商品を
入れていると、その子どもがお母さんに「あのおばちゃん、お金入れるときチリンチリンって、
口で言ってた、おもしろいな」って嬉しそうに話しているのを横で聞きながら、この子も、あの
人のフアンになるなと、私まで嬉しくなりました。

言葉は時には、人を傷つけることもありますが、その言葉はまた、人を支え癒してくれます。


「こんにちは」 「ありがとう」 「ごちそうさま」 あなたも、一言言葉を交わしてみませんか(^^♪

00 : 48 : 13 | 思うこと・・・ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ほっほ通信1月の巻
2010 / 01 / 07 ( Thu )


2010年 最初の営業日は、どんよりとした空の下、寒い寒い1日でした。

長いお休みをいただきました。久しぶりの店は、暮れに飾った鏡餅がカウンターの上で
誰かが来るのを待ってたように、少し嬉しそうに迎えてくれました。

窓を開けて空気を入れ替え、、寒い~(~_~;)早々と窓も閉めてしまうことに、、、。
新しいスケジュール帳に今年の挨拶、明日からは豊富も書いていきたいと思います。

朝いち、空のさんぽさんが、お買い上げのお客様に差し上げてと、
Kuuさんの、手づくり石けん(10g)を数個、持ってきてくれました(^_^) 
嬉しいですね。
今日は、寒くてお客さまも少なく、ちょっと淋しかったです。
今年は、木のおもちゃを少し増やしたいと思っていたので、いろんなおもちゃを探しながら
時間が過ぎていきました、、。

ほっほ通信1月の巻きも完成しました。(merryさんごくろうさまでした。)

2010010718070000.jpg

 1月の表紙は、七草粥です。皆さんは今日食べましたか??
春の七草は早春に芽吹くことから邪気を払うといわれています。無病息災を願って食べますが、
七草のいろんな効能がお正月の食べすぎ(笑)で疲れた胃腸には効きますよ。
私は苦手なので、ほんの一口だけ、、。(星田では水菜とかぶらの葉で作ります。)

ほっほ通信も少しずつ定着してきて、merryさんの描く絵をほめていただいたり、”ほいさぶろぐ”
もおもしろいと言っていただいたりすると、嬉しくなります。(*^_^*)

今年も、どうぞよろしくお願いいたします~





18 : 43 : 09 | hohohoo | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おめでとうございます
2010 / 01 / 01 ( Fri )
2010年 新しい年が始まりました。

とら

  あけましておめでとうございます

昨年は、たくさんのお客様にお店を知っていただくことがでました。もう一度ご来店いただける
ような時間をすごせていただけたでしょうか・・
今年も、たくさんの方と出会い、おしゃべりの花を咲かせたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。


らっぷらんどの営業は、1月7日(木曜日)からとなっております。
皆様とお会いできますこと、楽しみにしております。
15 : 27 : 32 | 季節の行事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。