スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ゴールデンウィーク
2009 / 04 / 28 ( Tue )
いよいよやってきました、ゴールデンウィーク~♪

ニュースでは、海外に出発する人たちや、帰省される人たちのことが、毎日伝えられています。
反面、長い休みを、バイトにあてる社会人の数が多いことや、突然やってきた、インフルエンザ
など、不安も多い休みとなりそうですね。

皆さんは、予定ありますか?
新緑のよい季節です。交野にも楽しめるところは、いっぱいあります。
星田園地から星のブランコへ・かいがけの道から交野山へ・月の輪の滝・くろんど池
私市植物園・まだまだ、、、、。調べて行くのも楽しいと思います。

らっぷらんどは、祝日をお休みにさせてもらっております。
「こどもの日があるのに店開けないと」と、おしかりの声もいただきます。
ほんの少しですが、農業もしている関係で、この時季は、田植えの準備のため、お休みさせて
いただいております。
ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。

皆様も、いろんなことが発見でき、心豊かになるような休日をお過ごしください。

 ※5月3~6日は、らっぷらんどはお休みです。
スポンサーサイト
12 : 56 : 35 | hohohoo | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
サン・ジョルディの日
2009 / 04 / 22 ( Wed )
4月23日 明日はサン・ジョルディの日
家族や恋人同士、大切な人に本や花を贈りあう、スペイン バルセロナのお祝いの日です。
大切な人に、美と教養・愛と知性のシンボルとして

  男性は、女性に1本の薔薇の花を・・・
  女性は、男性に1冊の本を・・・贈ります。

バルセロナでは、花屋・本屋の屋台がでて、1日中賑わうそうです。

気持ちを、言葉で表すのが苦手な方や、うまく表現できない時、本で表すのも
良いものです。  (私は、よくしますが、、、。)

日本では定着していませんが、「世界本の日」でもありますので、大切な方への
1冊を探してみませんか。
そして素敵な本に出逢うことができ、大切な方に夢や、希望の花を沢山届けられる
1冊になることを願っています。


先日、少し早いのですが、息子に”きむ”さんの本を贈りました。

  『今日より明日 輝く自分に逢いに行こう』

最近の私のお気に入りの”きむ”さんの、詩・写真の本です。
息子からは、薔薇の花が届くかなー届かないですよね (^_^;)

皆さんも、サン・ジョルジュの日を素敵に楽しんでみませんか?

14 : 29 : 08 | 季節の行事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
HoHoHooの絵本1・2・3
2009 / 04 / 21 ( Tue )
HoHoHooで人気の赤ちゃんから幼児向けの絵本1・2・3・

2009041816310000.jpg

もこもこもこ

谷川 俊太郎  作   元永 定正  絵

   絵と言葉がおもしろい。
   読み手のセンスで、色んなイメージが、、、。

あちゃんあがつく  

みね よう  原案   さいとう しのぶ  作

    歌って遊べる食べもの絵本。
    わたしの、お気に入りは「えっちゃん、えがつく、エビフライ」


きんぎょが にげた

五味 太郎  作

    きんぎょが、きんぎょばちから逃げた、、、。
    かくれんぼ上手な、きんぎょ。
    ページをめくっては、きんぎょ探しがはじまる。


大人も子どもも、絵本を通して出会うものはたくさんあるはずです。
心の栄養になるような、あなたの大好きな1冊を、探してください。
12 : 32 : 05 | おすすめえほん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新芽ふくころ
2009 / 04 / 16 ( Thu )
花落しの雨が去り、木々は薄い緑の葉っぱをつけ、
路には、薄い桃色の花びらの川ができています。
芽吹いた薄い黄緑の葉っぱは、初々しく周りの空気まで清清しくします。

新緑の季節におすすめの1冊です。

2009041614480000.jpg

  木のうた 
      イエラ・マリ 作

見開きの同じ位置に大きな木、季節の移り変わりが見事に描かれています。
言葉のない分、想像で色んなドラマが生まれます。
木に寄ってくる動物・小鳥、地面の下では、、、、。
見所がいっぱい、見落とさないようにね。

2009041614490000.jpg

15 : 54 : 08 | おすすめえほん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
心の種が小さな小さな芽をだした
2009 / 04 / 15 ( Wed )
「どうして、このお店をしたのですか?絵本がすきなの?」・・・と
お客様や、何かの取材の折にはよく聞かれます。
 
絵本が好きだから・・・・もちろん

絵本や木のおもちゃを扱うお店ができたらいいなあーという夢はあったのかも
しれない。

今思うと、心の中に種が落ちたのは、30年以上も前のことー。
中学・高校時代、深夜放送のラジオで、今も活躍中の”落合恵子”さんがDJ
されたいた番組が大好きでした。
落合恵子さんの詩や心から湧き出るような想いの言葉一つ一つに、わくわく・どきどき。
それから、数年後『クレヨンハウス』という絵本屋をオープンされ、東京まで見に行った
ときは「すごいー」と感激。その後、大阪にもオープンされました。
こんな、お店できたらいいなーと自分の夢になったのかもわかりません。
でも、それは本当に夢で、叶えようとかという事は、思いませんでした。

あれから30年、機会に恵まれ、絵本と木のおもちゃ・大好きなサンタクロースも
仲間入りの店をオープンしました。
大人にも子どもにも、想像力豊かな”人”になってほしくって、絵本の良さをしって
ほしいと、メッセージを伝えることから、初めて3年、やっと小さな小さな芽が出てきた
ところです。
絵本の知識もなく、ただ好きだけで、ここまで来れたのは、お客様をはじめ、周りの
多くの皆様に、背中をおされ、担いで頂いたおかげです。
この小さな小さな芽、もう少しもう少し、大きく育てたいと願っています。


いつか、小さな芽は、大きな木になり、沢山の枝が空に向かって手を伸ばし
緑の輝く葉っぱをつけることができたなら・・・『森の絵本カフェ』の誕生です、、、。
11 : 58 : 59 | 絵本屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。