スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
惚れ惚れ
2009 / 02 / 27 ( Fri )
「ぽけっとまーけっと」参加の作家さんに素敵な絵本を見せていただきました。

 おやゆびひめ

     2009022614370000.jpg

     原作 ハウス・クリスチャン・アンデルセン のおやゆび姫です
     1835年に出版された後、多くの作家の方が、描かれています。

ご自身が、子どもの頃、読んでもらった記憶をもとに、探されたそうです。
この絵本自体は、1965年出版のようです。(価格は90円)
色使いが、綺麗なのと、出てくる虫や、花のリアルさに驚きます。

私も、古本屋さんに行きたくなりました。
スポンサーサイト
15 : 18 : 49 | 絵本屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
つながり
2009 / 02 / 27 ( Fri )
一雨ごとに、春の訪れがくるのですが、今日はちょっと肌寒いです。
雨の中、枚方のほうから来ていただきました、素敵なご夫婦・・
お二人で仲良くお孫さんへの贈り物選び。
お話させていただくと、今回の「ぽけっとまーけっと」参加の作家さんに教えて
いただいたとの事、、。
ご主人は、ボランティアで、読み聞かせをされていることなど、たくさんの良い
話を聞かせていただきました。家庭・社会のなかで、『話す』ということの大切さ
『会話』をすることの、意味を考えさせられました。
コミュニケーションが、取れるだけではなく、『会話』をすることによって、相手の
気持ちがわかったり、違いが理解できたり、色んなことが想像できたりするのです。
子どもも大人も忙しい社会です。でも、少しの時間を作ることはできるはず。
工夫しだいでできるはず。もっと話しましょう~。

こうして、作家さんを通してお客様と出会えることに感謝です。

15 : 01 : 29 | 出会い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お雛様
2009 / 02 / 25 ( Wed )
お雛様を飾るのをすっかり忘れていました・・
我が家のかわいいお雛様です。

     2009022521090000.jpg
   

     妹が、作ってくれました。字は、姉が書きました。
     私は、飾って眺めるのが担当です(^_^;)(^_^;)
     素敵な、手づくりお雛様でしょ~

 皆様のおうちは、どんなお雛様ですか・・・?
22 : 15 : 47 | 暮らし・・・ | コメント(0) | page top↑
<<聞かせ屋。けいたろう>>
2009 / 02 / 25 ( Wed )
東京で保育士をしながら、絵本の読み聞かせをしている
《聞かせ屋。けいたろう》さんが、大阪は住吉でライブをするというので
観に行ってきました。
222.jpg
さわやかな、笑顔の素敵な、けいたろうさんでした。
就学前の子ども対象だったので、絵本は、シンプルな絵本をセレクトされたのかと
思います。声だけでなく、顔の表情から、楽しさが伝わりました。
印象に残ったのは、絵本を紹介するとき、表紙はもちろんですが、見返し・裏表紙も
丁寧に見せておられることです。本を書かれている作者の方を大切にされていることが、
うかがえました。手の動きもスマートで見とれてしまいました。

~☆子どもだけでなく、素敵な絵本に出会ってほしい。絵本との再会を贈りたい。
   自分にしか出来ない経験から生まれた読み聞かせを、元気と笑顔いっぱいで届けます☆~

大人向けの読み聞かせを、聞いてみたいと強く思いました。
少しですが、お話もさせて頂くことができ、
いつか、読み聞かせに来てもらえたら・・・と大きな夢を持ちました。

00 : 03 : 48 | 出会い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
つみきのいえ
2009 / 02 / 23 ( Mon )
第81回アカデミー賞で、短編アニメーション部門で
『つみきのいえ』が受賞されました。

アニメーション『つみきのいえ』が、リメイクされた絵本も素敵です。

   2009022320140000.jpg
  
    加藤久仁生  絵    平田研也  文

 おじいさんが、一人で住んでいる家
 この町は、海の水がだんだん上に上がってきます。
 住んでいる家に、水が上がってくると、新しい家を、上に造っていきます。
 ある時、家を造っている時、大工道具を落としてしまい、水中に潜っていきました。
 おじいさんが、今まで造ってきた想いでいっぱいの家がそこにはありました。
 愛するあばあさんと過ごした、家・楽しい想い出・悲しい想い出・・・。
 家が水の中ではなく、陸地だった頃、まだ子どもだった、おばあさんと出会って
 大きくなり、結婚して、小さな家を建てたこと・・いっぱい想い出します。

    ラスト・・・

    おじいさんの あたらしい いえが
    できました。

    かべの われめに 
    タンポポが ひとつ
    さいていました。
    おじいさんは それを みて
    うれしそうに わらいました。


  温かく、生きていることの重みを感じます。
  絵が素敵で買い求めた絵本です。
  大人の方におススメです。


  (残念ながら、らっぷらんどでは、取引のない出版社なのでお店には、おいていません)
20 : 56 : 24 | 絵本屋 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。