スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
星田にできた・絵本カフェ
2015 / 05 / 20 ( Wed )
絵本カフェ『ハーゼ』

昨年から気になっていた水色の建物、窓には「絵本カフェ」
いつオープンするのかと楽しみにしていました。
先月4月5にオープンされました。
お店に来られるお客様には、紹介していたのですが、私は
といえば、まだ行けていなくて、今日やっと行けました(*^_^*)

扉を開けると、そこはもう違う世界の入り口です。
そして笑顔で迎えてくださったオーナー御夫婦
あれもこれも気にある絵本ばかり、、しばらく棚を見続けて
いたら、「好きなように読んでくださいね」と声をかけてく
ださいました。それでもまだ、棚の絵本を見てづけていました。
気になる絵本が多すぎ、特にふだんあまり目にしない、海外の
しかけ絵本がたくさんあって、感動でした。
教育関係の大学の先生でもあるご主人は、通常は月曜日は講義が
あるようですが、今日はおられ、いっぱいいっぱいお話聞かせて
いただきました。
海外で集められた絵本のお話、チェコ・ドイツや、ラップランド
のサンタクロースの話など、惹きつけられ、帰ることを忘れてしまった
時間でした。
とても良い空間で、海外の絵本に触れられるところは、あまり
ありません。また素晴らしいしかけ絵本をてにする機会もなかなか
ありません。

ぜひみなさん、行ってみてくださいね。
私も、しばらく通いそうです(#^.^#)

絵本カフェ ハーゼ
交野市星田5-24-5
営業日 金・土・日・月  11時~19時


DCIM0396.jpg
スポンサーサイト
12 : 50 : 00 | 出合い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
出会いのひととき
2010 / 06 / 08 ( Tue )
 谷川俊太郎&谷川賢作 ”詩と音楽とトークの会”

昨年秋から楽しみにしていた、谷川俊太郎さんのトークの会に行って来ました。

詩の朗読から始まり、谷川俊太郎ワールドへ一気に吸い込まれてしまいます。
息子の賢作さんとの掛け合いのおしゃべりも大変おもしろく、なんども笑ってしまいました。

早口言葉になってしまうような、ことばあそびの”詩”の朗読はどこで息継ぎしているのかと
感心してしまいました。

絵本「もこもこもこ」をスライドで見ながら、賢作さんのピアノと俊太郎さんのまったり
した声での、読み語り、、は楽しくって気持ちが軽やかになります。
遠い昔に忘れてしまった、子どものようにわくわくする気持ちがよみがえったみたいです。

絵本「よるのようちえん」の歌を、会場のみなさんと合唱~♪
少しずつ練習しながらの時間は、本当に久しぶりのことでしたが、おへそに力を入れながら
子どものように歌いました(^_^;)

何十年も前には、もっていただろう子どものような素直で屈託のない心と笑顔、、、
そんな気持ちになれる自分に出会えたような気がします。

「あさ」というタイトルの絵本&詩の本にサインをしていただき、にこやかで優しい眼で
見つめられて(私はそう思っています^_^;)泣きそうでした。

絵本の力がすごいこと、詩というものが豊かなこと、、そしてそんな出会いに心がうごく
自分がいたこと、、。まだまだ頑張れるかな~☆


09 : 19 : 40 | 出合い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春~見つけた~
2009 / 02 / 02 ( Mon )
道端で春見つけました~
    
2009020116330000.jpg

  ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)  小さなピンクの花がのぞいていました
  
  ホトケノザ(仏の座)        花が段々になっているのが特徴です

  オオイヌノフグリ           まだまだ小さな小さな蕾ですが、もうすぐコバルトブルーの
                       かわいい花が咲くでしょう


 おすすめの絵本

     道ばたの四季 
    たかはし きよし  絵  ・  岡部 牧夫  文





00 : 53 : 26 | 出合い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大人のあなた、絵本と出合ってみませんか・・
2008 / 08 / 26 ( Tue )
最近大人の人の絵本の必要性を呼びかける記事やコメントを
よくみかけます。
先月の日経新聞に、「大人こそ絵本を」と数年前から呼びかけて
おられる柳田邦男さんの記事が掲載されていました。
昨日の朝日新聞には、絵本の読み聞かせの大切さが書かれていました。
絵本は子どもはもちろん、大人の方にも読んでほしいと私も思います。

私は、ただの絵本好きですが、悲しい時・うれしい時・苦しい時、絵本を
読みます。時間にしたら五分位でしょうか、でもとても大切な時間です。
悲しい時は、たいじょうぶだいじょうぶと語りかけ・・
しんどい時は、いいよいいよと包んでくれ・・違う考え方もあるんだあよと
教えてくれます。
一日の終わりには、ホッーと絵本の世界につれて行ってくれます。
絵本って結構いいもんですよ。
子どものものと思わず、大人のあなたも手にっとてみてください。
毎日忙しい多くの人々、ほんの少しの時間絵本を読んでみてください。
ゆとりができるかもわりません。そしたら少し色んなことにやさしくなれるかも・・・
楽しくなるかも・・・絵本と出合う人がいっぱいになったら嬉しいです。

ということで
今日の大人の人に読んでほしい絵本は
てん  the dot
    ピーター・レイノルズ 作・絵
    谷川俊太郎 訳
  
    お絵かきの嫌いなワシテ、苦し紛れに描いた小さな小さな「てん」
    それをみた先生は・・・・

    私は、こんなふうに子どもとかかわれただろうか・・反省
    ちなみに今、読んでいる本は、「絵本屋の日曜日」落合恵子さんのです
    うなずいたり、にやにやしたり、楽しんでいます。
    

16 : 04 : 25 | 出合い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。